ハバネロ・唐辛子・京野菜の京都亀岡・篠ファーム。農業分野で伝統を守りながら、新たな挑戦を続けています。

商品

トップページ商品 > 伏見寒咲花菜(はなな)【夏秋蒔き】

野菜の種


伏見寒咲花菜(はなな)【夏秋蒔き】

販売価格 : 324円(税込)

販売期間:6月上〜11月末
※この商品はお届け迄に1週間程かかる事もございます。

古くから京都市伏見区桃山の周辺で冬の切り花用として栽培され、京都の花市に出荷されていた。その後漬け物「菜の花漬」として利用されるようになった。花が良く詰まり、色あざやかで見た目に美しく、また苔立ち早く寒い冬に花が咲くため早春の京漬け物として、なくてはならない一品です。
漬け物には蕾がふくらんだころ軸から摘み取って塩漬けにします。 またそのまま観賞用として切り花にも利用できます。

栽培情報

時期:秋蒔き
方法:直まき
種まき期間:8/中〜10/下
収穫期間:10/下〜4/中
株間:25〜30cm
施肥:60g/3回
8号鉢当たりの株数:3〜5株

「京都の伝統野菜の種」シリーズ

弊社の「京都の伝統野菜の種」シリーズは京都の先人が残してくれた系統の純粋さを維持し、なおかつリーズナルに提供する為、各品種の原産地(原種)に近い採種環境(国内外)で採種した種子を、提供させて頂いております。
伝統として受け継がれた植物の採種には広大で隔離された場所が必要です。そのため京都府内で採種する場合、栽培面積の問題から、近隣より飛来する別品種の花粉との交雑の可能性があります。弊社では、各品種の特性を考慮した、国内外の隔離された場所で栽培、採種することにより、交雑のリスク回避をしております。 基本的にそれらの品種の持つ特性は、海外で採種したものであってもDNAが変化するということは全くございませんのでご安心ください。
弊社は長年「京都の伝統野菜」を栽培し、上記の採種方法による安定した品質の生産を実現しております。


商品一覧

  • 究極の万能ハバネロソース!篠ソース!
  • おしのちゃんの篠ソース日記
  • 京都の伝統野菜&新野菜 まめ知識

このページの先頭へ

Copyright (c) SHINO Farm All Rights Reserves.